パッチテストなどから確認を。

洗い方の点についてシビアにならなければならないところについては前回説明しました。

やはりこれを同じように洗ってしまうと、どうしても乾燥肌の人間にとってはその部分が異常に乾燥したり、過度に刺激を与えることになってよくないように思うからです。

どうしても我々の素人的な立場としたら、洗顔を洗顔フォームのせいにしてしまうのですがそうではなく、やはり洗い方に問題があったようです。

これらをしっかりと行うことによって乾燥肌に対する洗顔の仕方も変わってくると思います。

そしてそれと同時に保湿クリームもしっかりと使うということです。

この保湿クリームについても、前にも述べましたが、単に保湿すれば良いというのではなく、その保湿クリームの成分がしっかりと長く維持できるというもの選ばなければなりません。

自分に良いものかについても、その人の体質によって違ってくると思いますので、ここでは一概にこの商品がいいという説明はしません。

しかし私にとっても他の方にとっても対外乾燥肌の人に共通していいという商品はあるはずですので、そういった商品は自分の肌に塗ってみて確かめてみるのがいいでしょう。

最初はパッチテストなどをして行うのが良いでしょう。

それから徐々に慣らしていって自分にとって最適なものを選ぶようにしたいものです。

乾燥肌の場合はそもそも肌の状態良くなかったり弱い状態ですので、いきなり刺激を与えてしまうのはよくありません。

まずはパッチテストから始めるようにしたいものですね。