方法としてしなければならないこと

普通の一般の方々の顔の洗い方については、洗顔フォームを選んできて、顔を洗ったりお湯または冷たい水で洗ったりして、次に乾いたタオル、しかもやわらかいタオルででしっかりと水分をふき取るなどいろいろな対策も立て方があると思います。

しかし乾燥肌である私のようなタイプは同じようなことをすると、

どうしても乾燥が余計にひどくなってしまうという結果になってしまいます。

これについて私と同じような経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

そして洗い方について私なりに見ていた結果、パターンを分けていくほうがいいように思います。

つまり、一般の人の顔の洗い方を用いる場合は、その顔の部位によって使い分けなければなりません。

まずは鼻の当たり皮脂がよく出てくるところについては一般の方々の洗い方で良いと思います。

しかし、あごのあたりなどの部分についてはそれほど皮脂が多く分泌されるわけではないので、この点については少しシビアに考えなければならないようです。

つまり一般的な洗い方ではなく、この場合は乾燥肌専用の洗い方をしなければいけません。

一般的な場合も弱酸性の洗顔フォームを使い、しっかりと洗い落とすというよりかは、軽く汚れを落とす程度に洗顔を止めておくことが必要です。

そしてそのあとしっかりと保湿成分を含んだ保湿クリームを塗ることをおすすめします。

つまり乾燥肌の人にとって洗顔に何をすべきかといえば、洗顔と保湿の両立することなのです。